Heinz Nordbruch is recognised as oboe virtuoso supreme in Germany and every country where he has performed. In spite of his youth (at eighteen) he was solo oboe of Radio Bremen Symphony and the Bremen Philharmonic Orchestra and was acclaimed for his extraordinay artistry. Since 1948 he has been soloist with the internationally acclaimed N.D.R. (North German Radio Symphony Orchestra). Mr.Nordbruch and the orchestra have received accolades in the U.S.A, Russia, France, Italy, Canada and England.

ハインツ・ノルトブルフは、ドイツをはじめ各国で認められたオーボエの名演奏家である。18歳の若さでブレーメン放送交響楽団およびブレーメン・フィルハーモニー管弦楽団の首席オーボエを務め、優れた音楽性を見せた。1948年からは世界的オーケストラである北ドイツ放送交響楽団に首席オーボエ奏者として所属。アメリカ、ロシア、フランス、イタリア、カナダ、イギリスで絶賛された。